愛と笑顔で丁寧に過ごす

遠距離ながらも毎日愛を紡いでいます♡♡
30年の月日はお互いを成長させ、思いやりを持って接することができるようになりました。
お互い辛いこと沢山経験したけれど
これからは幸せな日々を過ごしていきたいな。

また夏と共にやってきた 3

ひとしきり喚いて

夫はドアをバンバン

閉めながら外へ出て行った


子どもが冷蔵庫のところで

ごそごそやってるので

「何してるの?」

ときくと

「掃除しようと思って」

というので

一緒にやり始めた

まず表面についたカビを

アルコールでふき

酸素系漂白剤でペーストを作って

歯ブラシでパッキンの溝まで

塗ってしばらく置いて拭き取りました


そこへ

夫が戻ってきて

「カビが飛んでるからな!

 冷蔵庫のなかみ全部捨てたらええんやろ

「捨ててしまえ!」

「俺がしんどい思いして

 死んででも冷蔵庫買えばええねんやろ!」


とまたはじまりました


ひと言も

食材捨てるとか

命と引き替えに冷蔵庫を買い替えろとか

言ってませんけど


なんか

発言があまりにもあほすぎて

情けなくて泣けてきました


窓も開いていたし

夜も遅い時間

ご近所にも聞こえていたかもしれません


22時30分頃

彼から電話があって

簡単に出来事を伝えたら

荷物まとめていつでもおいで。

けががなくて良かった。

俺だったらhirohiroが

拭いてっていったら

はいはーい🎵って拭くけどね😁


その後はいつもの通りの

やりとりして電話終えました


この日はほんと

疲れた1日だった😱