愛と笑顔で丁寧に過ごす

遠距離ながらも毎日愛を紡いでいます♡♡
30年の月日はお互いを成長させ、思いやりを持って接することができるようになりました。
お互い辛いこと沢山経験したけれど
これからは幸せな日々を過ごしていきたいな。

失敗は成長のもと

今日取り上げる失敗は「離婚」
5つ年上の男性と
私が25歳の時結婚し28歳で離婚しました。



当時は元夫をとても恨みましたし
私の人生とお金を返してほしいと心の底から思いました。
 (↑ こんなことを思うことが未熟だったなぁ)


けれど今は
「あの経験があったから」

今の自分があると思っています。


当時を振り返ると「いばらの道」な3年間でした。
好きで一緒になったのに、「いばらの道」
ってと自分で突っ込みたくなる。


元夫は亭主関白な俺様で
気に入らないと一言も話さなくなるし、
心を込めて作った手づくりハンバーグが食卓ごと宙に舞う。
お酒癖もわるく、特に日本酒はタチが悪かった。


不機嫌で怒り出してビール瓶でブラウン管テレビをたたき割ったり
その時、あ~テレビって叩き割るとこんな風な音がするんだ~と
けんかの最中にそんな感想を抱いた。


あるときは髪の毛をつかんでは引きずりまわされたり
夫が黒と言ったら黒
女は働くと偉そうにするから働くな
化粧、マニキュアもおしゃれもダメ。


朝は寝起きが悪く起こすと怒られる。
そして時には起きずに休む。
酷いと月の半分休んでた。
そして仕事を休む電話を私にかけさせて
休んでいるのに午後からパチンコに行く。


どんどん尊敬する気持ちがなくなっていった。
今思うとどこが好きだったのかな
結婚前は彼にも良いところはあったはずなんだけど。
もう今は浮かばないや。


人は生活を共にしないとわからないこともあると


つくづく思った。


お互いの都合の合うときに会っているぐらいじゃ


わからいことはほんと沢山ある


若かったから見るところを間違ったのかな。
束縛を愛だと錯覚してしまったのかもしれない。


でもその時は「神前で誓った」のだから・・・
それでも自分で決めた結婚だったのだから・・・



石の上にも3年と思い過ごしました。
私自身未熟なところも多々あったと思います。
結局私たち夫婦は折り合いも歩み寄りもできず
お互いを成長させることができないまま
元夫は会社の同僚女性の家に泊まるようになり
家にはかえって来なくなりました。


またご丁寧にそのことを教えてくれるひとがいて
そこからは修羅場、修羅場の日々でした
女性と夫と私を交えた争い
夫は相手の女性を体を張ってかばいました。



私は鬱になり
人間不信になり
生きる気力も目的もなくなってしまった
睡眠薬と安定剤の飲み過ぎで
もう正常な判断もできなくなり
今日がいつなのかさえわからずにただ生きてた。
元夫の前で大量に薬をのんだが元夫は止めることも病院へ運ぶこともせずただ見ていた。そのとき、あ~もう終わったなって思った。朦朧とするなか自分で助けを呼び病院に運ばれ胃洗浄

自分では私はあの時死んだ。と思っている。


その経験をしっかり受け止めて

もう一度

人生を一からやり直そうと思い始めた。


2度と同じような経験はしない
と心に刻み徐々に浮上できました。


浮上したあとは
「失敗は成長のもと」 と思いいろんなことにチャレンジし
日々を生きてきました。


今振り返ると
元夫には尽くすタイプではなく
少々わがままなくらいの
女性が良かったのかもしれません。


出会うことはないであろう元夫ですが
もしもどこかで出会ったら
今なら「3年間ありがとうございました」
と心からお礼を言えそうな気がします。


あの失敗も自分自身の成長に

不可欠な出来事だったと思う

だから

失敗は成長のもと


そう思えるのもいま自分の心が


満たされているから


すべてに感謝❤